中村元の温根湯・水族館ナイト!

今回の山の水族館ツアーの特典。
温根湯・水族館ナイト!

友人が温根湯・水族館ナイトの様子を動画でおさめています。
機会がありました、見せてもらってください。


普段水族館仲間のにっし~~~。さんが、メモをとって、詳細な内容をアップしてくれていますが、
今回はにっし~~~。さんいないので、私が!!と意気込んだけれど、ペンを忘れるという(笑)

とりあえず、記憶に残っていることを書きたいと思います。



まず最初に北見市長のご挨拶。
この後、オホーツクサイクリングのイベントの方で挨拶をしなくてはいけないらしく、少ししたらお帰りになりました。
a0208109_15423611.jpg




水族館ナイトスタート。
今回は、アシスタントにFMオホーツクのパーソナリティの方が。
テリーさん来ちゃえば良かったのに!!(笑)


普段の水族館好きマニアが集まる、水族館ナイトではないので、コアな話は特になく、
以前聞いたことがあるお話し。


●北見の山の水族館をリニューアルの話を引き受けようとしたきっかけ

お話をいただいた時に予算は3億!
北見市の方は「3億用意しました(ドヤッ!)」という感じ。

中村さんは最初は3億じゃ何もできん!と思い、お話を断ろうとしたそうです。

実際に新江ノ島水族館はリニューアルに、50億ほど。
名古屋港水族館は、400億ほどかかっているそうです。


それでも引き受けた、大きな理由が2つ

旧山の水族館を1人で支えていた、飼育員の佐藤さんの存在。
私は、1人で頑張っていた佐藤さんの人柄あってこそだなと思いました。
一生懸命頑張る姿を中村さんが見て、なんとかしようと心が動いたのだと思います。

水族館づくりが、誇りあるまちづくりにも観光産業の発展にも大いに繋がる。
真冬の露天風呂で髪の毛がパリパリに凍った経験からヒントを得て、冬に凍る水槽を作った。
冬の北海道を楽しめる水槽。寒さをまちの誇りにかえようという発想。


この2つの理由で、ほとんどボランティア同然で、中村さんはリニューアルに携わっていきました!!



●いい水族館は、大人がたくさん来る水族館である
動物園は、こども:おとな=5:5の割合。
水族館は、こども:おとな=3:7の割合。

水族館に、ある生物を見たいから、この水族館に行く!
ある展示が目的で、この水族館に行く!

という人は少数。【私達のような東京から来ちゃうマニアは別(笑)】

おとなは、なんとなく癒し(水塊=すいかい)を求めて、水族館にやってきます。
おとながたくさん来るということは、それだけ水塊があるということなのだと思います。

山の水族館は、子どもも十分楽しめるけれど、おとなも「おぉ!!すごい」「綺麗!!」と心がワクワクする水族館になっています。




途中から、飼育員の山内さん・佐藤さんも参加して。
a0208109_16261386.jpg


水族館を作るときに、何トンという石を1つ1つ洗って、敷き詰めたこと。

実際におたる水族館に行って、潜水士試験を受けるための練習をしたこと。


など、苦労話をききました。

本当だったら飼育員さんがやることではないことも、予算がないなか水族館を作るためには、飼育員さんもしなくてはならなかったそうで。

それだけ、自分達が頑張った水族館のリニューアルオープンなので、お2人もきっと嬉しかったでしょうね☆

小さな水族館なので、2人を見かける機会がたくさんあると思いますので、いろいろ質問してみましょう!!



クイズタイム

①この水族館にはニジマスを食べる生物が3ついます。さてそれはなんでしょう??

私が真っ先に浮かんだのはピラルク!なんせ、なかがわ水遊園で、ニジマスをあげているのを見たからね(^^♪

正解して、スープつめあわせもらった。ありがとピラルク☆(笑)
北見はタマネギで有名な地域でもあります。
a0208109_16192773.jpg


他は、イトウハイギョが正解!!

ハイギョは7月14日に亡くなってしまったようで。
最後に見ることが出来て良かったです。

老衰のようです。きっとオープンまで頑張っていたんだね。



新卒で入社した山内さんの年齢はいくつでしょう?
えーっ!!!(笑)
新卒と言いうことなので、だいたいの年齢からみんなが答えます。

正解は24歳!
専門学校で2年学んだあとに、大学で4年間すごしたようです。

「水族館に就職できるなら、海外どこでも行く気がありました」
という力強いコメント☆


イトウは何匹いたでしょう?
正解は40匹
ホームページにも載っていますが、答えた人は実際に数えたみたい。

飼育員山内さんは、イトウ水槽に潜っていると怖いといってました。
まだ体当たりはされたことはないものの、水圧がすごいそうです!!

威嚇されるというより、こっちのことなんかおかまいなしで泳いでるようです。




実はクイズの予定では、
●水流をおこす仕組みハイドロウィザードが使われている水槽は?
●ハイギョの大きさは?

っていう質問を出すはずだったそうなのですが、FMオホーツクの佐藤さんが、中村さんに質問してしまったという(笑)

中村さんも、「クイズを先にいってしもうた。うちらをつぶすきか!」と言って、会場を湧かせていました。


水流をおこす仕組みハイドロウィザードは…
滝つぼの水槽
北の大地の四季の水槽
イトウの水槽

に使用されています。


ハイギョは…
170センチ!




この水族館は、この2人の飼育員さん・スタッフさん・地元の方々に支えられて、今後も大きく発展していくと思います。

これからも応援してます!!頑張って下さい☆
a0208109_1671391.jpg





ブログランキングに登録しました。
ポチっと、ワンクリックお願いします☆

[PR]

by minto628 | 2012-07-15 16:45 | 水族館 | Comments(0)